カウンセラーに理想の異性を紹介してもらう仕組み

紹介制度はお付き合いする確率が高い

紹介制度はお付き合いする確率が高い

プロフィールでは年収なども公開しています。女性は男性の年収を気にすると思うのですが、希望の年収はないけれど、性格が良さそうな男性、もしくは他でカバーできそうなところがあると、カウンセラーの方は後押ししてくれるのでしょうか?

結論から言えば、推します。やはり、男性側も女性のプロフィールを年齢と顔で選択していくことは事実であり、女性側も男性のプロフィールにある年収をしっかりチェックしています。

ただ、それは自然な考え方だったりもします。男性はかわいい人を選んでいるわけではなく、その顔から読み取れる性格や相性をイメージしています。

女性も決して「贅沢な暮らしをしたい」などと考えているわけではなく、具体的なライフスタイルをイメージしたときに、年収は切り離せない要素だからです。このように好みの相手を選ぶなど、何かを求める傾向は否定的な現象ではありません。

もちろん、それだけでは本来、もっとも重要な相性や人間性などの指標でマッチングができません。そこでIBJメンバーズには「選び、選ばれ、紹介する」という特徴があります。

普通に検索をかけるときに、例えば、男性会員である田中さんが「25~30歳の女性から選びたい」とします。通常の結婚相談所におけるデータマッチングですと、紹介がメインです。例えば「月6件紹介します」ということで、田中さんの希望に合った25~30歳の女性を紹介していきます。

ただ、それが完全に自分の好みかどうかは、正確ではないです。むしろ、6名のプロフィールが送られてきても、自分の好みに合いそうな人がいないケースもあります。全員が好みではないとなると、それだけで1カ月間活動が止まってしまいます。

しかし、IBJメンバーズの場合は49,600人、2013年12月時点では5万人近くなっていますが、そのデータベースがあって、そこに男女とも皆さん登録をしています。その内容は男性なら女性、女性なら男性と異性のプロフィールしか見ることができないので、同性は見ることができません。

男性が女性のプロフィールを見て、細かい検索をかけます。自分の好み、例えば「仕事をしている人がいい、身長は低いほうが好み、九州地方に住んでいる人」という感じです。

そして、ヒットした女性の中で、自分の好みの方に申し込みをしていくという流れです。豊富な会員数と細かい条件設定ができるからこそ、データマッチングのみでもより理想の異性に巡りあうことができます。

同じデータマッチングで「選ぶ」行為についても会員数が多いので、ヒット率も高そうです。わからないことはカウンセラーにも聞けるので安心できます。

逆に田中さんのプロフィールを見て、自分が選んでいない35歳の女性から申し込みを受ける場合もあります。そうすると、自分が検索しきれなかった方でも、向こうから会いたいと言ってくれれば、「まあ会ってもいいかな」というところでチャンスが1つ広がったりします。

とにかく男性は「好みのタイプとしてはまったく当てはまってはいない女性だけど、せっかく会いたいと言ってくれているのだったら会ってみようかな」
という気持ちになりやすいので、そういう「選ばれ」というチャンスもあります。

自分が設定した理想の異性ではなくても、「選ばれる」ことはあるんですね。最後の「紹介」とは何でしょうか?

本当は「選び」でうまくいけば1番いいですし、自分のタイプにアプローチして、受けてくれればベストでしょう。また、理想の異性であるかないに関わらず、選ぶ人がいれば「選ばれる」人もいます。選ばれた場合でも相手の好意を感じ取ることで、お互いの距離がぐっと縮まることもあります。

ただし、選ぶ、選ばれるだけでは、ある意味、機械的なデータマッチングと似ていて、なかなかうまくいかないケースもあります。

そこで例えば「田中さんはこんなにいい人だから、隣のカウンセラーが担当している渡辺さんととても合うと思う」という感じで、カウンセラー同士の判断で紹介しあいます。ここがうちの強みです。

IBJメンバーズの自社会員は3,000人強いまして、その自社会員には全員カウンセラーが付いています。

そして、私どもは「1人のカウンセラーが見ることのできる範囲は限られている」と考えていて、カウンセラー1人に対して、会員は80人までとしています。これは80人程度だったら、ときどき婚活が止まっている人もいるので、全員を見ることのできる範囲と考えているからです。

その中で「田中さんはすごく良い方だけど、かわいい子ばかりにアプローチするため、なかなか決まらなくて‥‥でもすごく良い方だから、別のカウンセラーさんのところの中で、田中さんに合う人はいませんか?」と紹介してもらいます。

そうすると、別のカウンセラーが「1度、田中さんを紹介してください。私のところの渡辺さんと合うかもしれません」と話が進みます。

カウンセラーも千里眼ではないですが、ここまで経験を持っているので、客観的に人を見るわけです。そうすると「なんとなく雰囲気が合うかも」という感じで、田中さんと渡辺さんを「紹介」しあうことで、お見合いが1つ成立します。

そして、実際に2人が会うと、プロフィールによる基準からは多少範囲外だったかもしれませんが、相性の良さなどからご縁が生まれることも多いです。

大切なプロフィールはカウンセラーと作る

専任のカウンセラー同士も連携していることは強みです。異性やカウンセラーに自分を選んでもらうためにも、最初に会員登録をしたときの自分のプロフィールは結構重要に思えます。

そうです。ただ、プロフィールもご自身で登録するには迷うと思います。学歴を「大卒」などと入れるのは問題ないですが、例えば、趣味などのキーワードで書くところは、書き方によってだいぶヒット数が変わってきます。「ウォーキング」と書くか「散歩」と書くかで、随分違ってきますよね。

そうですね。ジョギングでも「週末は皇居を走っています」のほうが、具体的でイメージしやすいですし、相手への印象は変わってきます。プロフィールはカウンセラーとは相談しながら作っていくこともできるのでしょうか?

基本的にプロフィールはカウンセラーに相談しながら作っていきます。入会したとき、まずはご自身で簡単なところだけバーッと入力してもらって、そのあと必ずファーストカウンセリングを、カウンセラーと行います。

そこが実は1番大事なところで、異性の好みや理想の結婚ということを聞きながら、必ず目標設定をします。

入社して1年後どうなっていたいかがないと、ただやみくもに仕事をしてしまうことと同じです。私たちは長く活動してもらうことよりも、効率的に成果を出してもらうことが目的ですので、一緒に目標を設定して同じベクトルを感じてもらいます。

結婚相談所とは短いお付き合いのほうがいいですね。

そうです。それに会員活動が長くなればなるほど、お客さまとしても経費もかかってきます。また、本来の入会目的からも長く活動することではなく、ご成婚されることだと思います。

そのために目標設定をします。このファーストカウンセリングでは、まずは皆さんが作ったプロフィールを見て、さらにプロフィールを再構築しています。これはプロフィールをブラッシュアップする(質や完成度を高める)とても大事な作業になります。

経験上、自己PRや書き方もかなり添削をします。加えて「どんな人と結婚したい」というところも大事です。基本的には年齢や身長と検索条件でも選択できるところは、ご自身の判断でも容易に設定することができます。

よく書きなおすことが多い項目としては、男性の「優しい人がいい、家庭的な人がいい、子供好きな人がいい」というところです。「優しい、家庭的、子供好き」という形容詞は、実は人によって全然中身が違います。

そのため、私たちは念入りにヒアリングをしています。具体的なエピソードを聞けるように「田中さんが女性を家庭的と感じるのは、例えばどんなときですか?」などと質問します。そうすると、本当に佐藤さんが求めている女性像が見えてきます。

単にプロフィールだけで選んでいく結婚相談所活動ではなく、結婚とは最終的には生活をして、一生を添い遂げてもらう相手とするものですから、年齢と顔だけでは決められないです。

そこの迷い道をなくすためにも、具体的な内容を聞くと、自分の担当は仮にも80人いるわけですから、その中でもしかしたら田中さんのいう家庭的とは、例えば渡辺さんのような方かもしれない」ということで、ここでマッチングできる可能性が出てくるわけです。

そういう細かいところまでヒアリングをしていき、女性の「1年後に結婚したい」や、男性の「赴任があるので、できれば半年後までにはそういう人を決めておきたい」などがあります。

このような期間の長短によってアクションもだいぶ変わるので、それに対して「月何件くらいお見合いをしていくイメージで頑張ってみよう」という流れを作っていきます。

プロフィール作りだけではなく、この時期にはそういう方をセレクトして、だいたい何人ぐらい会ったら、その中で自分の中で見極めをして、その人と真剣に交際をして、結婚に向けた前向きな準備をしようというプランニングが、ファーストカウンセリングです。

初心者も安心できる結婚相談所

IBJメンバーズ
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.04.22
更新日更新日 2015.04.17

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コンカツノコツ編集部
コンカツノコツ編集部
執筆・編集
自分磨きや結婚相談所の比較などの婚活を徹底解説。素敵な出会いが少ないために婚活をする人が増えています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
婚活パーティーでは人柄や性格が重視される
婚活パーティーでは人柄や性格が重視される
プロフィールを書いたあとに、婚活パーティーなどに参加するパターンとお見合いをしていくパターンがあると思うのですが、どちらが成婚率は高いの...
心強いカウンセラーと一緒に婚活できる結婚相談所
心強いカウンセラーと一緒に婚活できる結婚相談所
IBJメンバーズでは、カウンセリングや目標設定を行ってから婚活がスタートしますが、具体的にはどのような手順で進めていくのでしょうか?始めに...
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
一昔前の農家は「重労働、汚い、休みがない」というイメージがあり、農家の嫁になりたがる女性は少なかったのですが、最近は農家に対して婚活の状...
20代向け婚活パーティー - 男女ともに若い年齢が武器になる
20代向け婚活パーティー - 男女ともに若い年齢が武器になる
結婚をする年齢が遅くなる晩婚化が顕著でありながら、その流れに飲まれないように20代のうちに婚活を始める人が目立ってきています。婚活をする人...
【漫画】晩婚化が起きる原因!毎年0.1~0.3歳ずつ遅れていく
【漫画】晩婚化が起きる原因!毎年0.1~0.3歳ずつ遅れていく
欧米を始めとした先進国では晩婚化の傾向にあります。日本人も初めて結婚する平均年齢が2015年時点で男性が31.1歳、女性が29.4歳に達しました。2...