友人や知人を頼らなくても婚活で警察官と出会える方法

共通の知人などではなく自然に警察官と出会う

共通の知人などではなく自然に警察官と出会う

プライベートで警察官と出会う方法
2017.05.01
20代 女性 宮城県 保険代理店営業

警察官の方と出会うには、警察官の知り合いがいる人とつながるまで、合コンで連絡先を交換し続ける方法がありますが、実はそれ以外でも警察官と出会うことができます。

リストラされない頼りがいのある職業

あなたの周りにも警察官という友人や知人が1人くらいいるかもしれませんし、実際にどの地域でも大勢の人が活躍していらっしゃいますが、普段の生活ではなかなか出会うことがない職業の1つです。特にプライベートで「職業が警察官である人に会った人」は少ないでしょう。

警察官はキャリアと勤続年数にもよりますが、中堅になると年収1,000万円を超えることもあります。ほとんどの場合は定年まで安定して勤められる公務員であることから「結婚相手として理想的」と考える人も多いです。

2010年の統計では、警察官の人口は28万人を超えていて、男性が約95%、女性が5%ほどいます。人口1万人では約22人が警察官です。このように警察官である人はかなりの数がいるはずです。

しかし、私は今まで1度しか出会ったことがありません。私自身は通常の婚活パーティーなどでは「なかなか出会えない職業」だと思っています。そこで今回は「警察官と出会うにはどうしたらよいのか」を考えてみました。

私の友人で今、警察官とお付き合いしている人がいますが、出会ったきっかけは「普通の合コン」だったそうです。婚活というよりも、友達に誘われた合コンで「いいな」と思った人が、たまたま職業が警察官でした。

その警察官の彼に話を聞くと「周りの警察官の人たちも、彼女は合コンや飲み会で知り合ったケースがかなり多い」とのことです。

やはり「学生自体からの友達や、何かのきっかけで仲良くなった人を経由して、合コンが開催されて、そこで知り合った人と付き合うというのが、警察官の人が彼女を作る主なプロセス」とのことでした。

少なくとも彼の周囲では「事件や事故から恋愛に発展することは起きていないですし、職場では女性の割合が少ないことと、恋愛できるような環境ではないことから、友人や知人の紹介が頼りになる」そうです。

警察官は職業を明かさずに婚活に参加している

私の友人が合コンで初めてその彼に会ったとき、彼は「自分の仕事は公務員です」としか言っていませんでした。特別に「そう言うように指示されているわけではない」そうですが、初対面の人が公の場で「自分が警察官です」と明かす人はあまりいないとのことです。

つまり、実際には私たちは警察官と出会っているけれども、最初は秘密にしているから「出会えていない」と思い込んでいるだけだったりもします。

私の友人は仲良くなってから「実は警察官なんだ」と言われて、かなり驚いたみたいです。やはり「公務員」と聞くと、地方の役所で事務作業をしているイメージが強く、もちろん「それでも良かった」とのことですが、打ち明けられてからは「より彼をイメージが上がった」とのことでした。

女性が男性警察官と出会うためには「公務員です」と言った男性に、「どのような公務をしているのですか」と聞くこともありだと思います。男性も「公務員です」という女性は、もしかしたら警察官である可能性もあるので、チャンスがあれば「どんな仕事をしているか」も伺ってみましょう。

自衛隊や消防士などにも共通していますが、警察官と婚活で出会う方法をまとめると、下記の4個にチャンスがあります。

  1. 彼らは身分を隠しているだけでは、実は自然と出会っている。
  2. 共通の友人や知人にお願いする。
  3. 共通の友人や知人が出てくるまで、合コンで連絡先を交換する。
  4. 結婚相談所で警察官の人を見つけてもらう。

一般的には友人や知人との合コンに期待したいです。具体的にどんな仕事をしていれば警察官とつながりがあるのかは難しいところですが、お堅い職業や体育会系の人たちに、警察官が比較的多いようです。

年齢が30代以上になると、結婚相談所やネット婚活などに登録する警察官も増えるため、そういったサービスの中には、相手に希望する職業を警察官に限定して、相手を探すことも可能なところもあります。

自分の経歴などをきちんと登録しないと利用できないので、結婚相手の経歴が重要になる警察官にとっても、こうした結婚相談所を利用するメリットは大きいです。

絶対数はあまり多くないですが「どうしても警察官と出会いたい」という人は、結婚相談所を利用すると警察官に限定して探すこともできます。

初心者も安心できる結婚相談所

パートナーエージェント
ツヴァイ(ZWEI)
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.03.27
更新日更新日 2017.09.16

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コンカツノコツ編集部
コンカツノコツ編集部
執筆・編集
自分磨きや結婚相談所の比較などの婚活を徹底解説。素敵な出会いが少ないために婚活をする人が増えています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
婚活パーティーがきっかけで結婚した女性3人にインタビュー
婚活パーティーがきっかけで結婚した女性3人にインタビュー
32歳の私は今も婚活中ですが、以前に婚活で知り合った3人の女性に婚活中の話を伺ったことがあります。素敵な出会いを見つけるために積極的に婚活...
婚活パーティーとネット婚活で知り合った男性とデートする
婚活パーティーとネット婚活で知り合った男性とデートする
私が「早く結婚したい」と思い始めたのは数年前です。仲が良かったグループの友達が次々と結婚していき、このままでは「自分が最後になってしまう...
【漫画】婚活とは?自分磨きと出会いを増やす結婚活動
【漫画】婚活とは?自分磨きと出会いを増やす結婚活動
婚活とは「結婚することを望んでいる人が、意識的に自分から進んで結婚に繋がる活動を行なう」ことを意味します。山田昌弘氏の著書「婚活時代」で...
【漫画】結婚相手に求める条件!ランキング1~10位は?
【漫画】結婚相手に求める条件!ランキング1~10位は?
結婚相手に求める条件は明治安田生活福祉研究所の統計データを参照しており、総合ランキングの1位~3位は「価値観が合う、優しい、健康である」で...
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
一昔前の農家は「重労働、汚い、休みがない」というイメージがあり、農家の嫁になりたがる女性は少なかったのですが、最近は農家に対して婚活の状...