婚活成功者に聞いた!理想のお相手とゴールする8個のコツ

婚活で成婚するためにはノウハウが必要

婚活で成婚するためにはノウハウが必要

結婚できる可能性が高まるなら積極的に婚活を始めたいところですが、婚活を成功させるには8個のコツがあります。特に「出会いの数を積極的に増やす」ことは忘れないようにしたいです。

1

結婚で実現したいことを目的にする

結婚そのものを目的とせず、結婚で実現したいことを目的にします。目的が明確になると、人はモチベーションが格段にアップするからです。

単に「結婚したい」では漠然としているので、例えば「子どもが2人欲しい、いつも寂しくない、社会的に認められる」などを目的にします。

結婚を強く望む人が必ず成婚できるわけではありませんが、婚活で結婚した人は結婚への熱意が行動力となり、運命の人との出会いが訪れます。

2

理想の異性像を明確にする

何となく「自分に合いそうないい感じの人」を探していると、理想の相手が見つかりにくい上に、付き合ってからのギャップに気付いて、別れる可能性が高まってしまいます。

これから数十年、自分と人生を共有する人です。ここは自分自身を見つめ直すつもりで、理想の異性像をはっきりさせましょう。内面と外見、ステータス、将来性を細かく分析してみます。

そのときは「年収1,000万円以上」といったあまりに高い年収を追い求めてはいけません。女性が理想とする男性の年収は「500万~700万円」が多いですが、50歳未満の未婚男性で「500万~700万円」稼ぐ人は5%未満です。

確かに結婚相談所に登録している男性は平均年収が高めです。一般的な結婚相談所でも「年収400万円以上のみ入会可」といった制限がありますし、職業や年齢を限定した「医者や弁護士限定の婚活パーティー」なども開催されているので、理想とする相手は見つかりやすいでしょう。

しかし、年収は相手の一部であることを忘れないようにしたいです。また、統計上でも結婚相手に重視する条件では「価値観が合う、気が合う、性格が合う」などの内面が支持されています。

3

異性の好みをきちんと把握する

男性が求める理想の女性像は「一緒にいて楽しい人、明るい人、話が合う人、安心感がある人、家庭的でしっかりした人」がアンケートの上位です。

この中に「仕事をしている人」は含まれませんが、実際の婚活パーティーなどに参加すると、家事手伝いの女性は敬遠される傾向があります。

女性が求める理想の男性像は「清潔感がある人、正義感がある人、責任感がある人、気遣いができる人、人頼りになる人、器の広い人」が人気です。やはり、頼りにできる男性を求めています。

ちなみに男女とも共通して、顔や体は重要視していませんでした。清潔感は外見ですが顔や体ではありません。見た目に自信がない人やコンプレックスがある人も、婚活では今までと違った出会いが待っています。

4

モテる人の真似をすることでモテる

自分のコンディションを高める努力も婚活の1つです。「今の自分を受け入れてくれる人と結婚したい」では、なかなか相手は見つかりません。

婚活中は「どうやったら相手に好かれるのか」や「周りの人よりも好感が持たれるようになれるか」を勉強します。男性なら髪型や眉毛を整え、指や手首の毛深さを目立たないようにして、爪と歯の清潔を保ち、髭をそって肌をきれいにすることで、清潔感が人よりもリードするでしょう。

結婚相談所のアドバイザーによる男女共通でモテる人の特徴モテない男女の原因と理由で詳しく解説しています。

料理やスポーツといった趣味も自分磨きの1つです。何か長所があれば、料理婚活やボーリング婚活に参加しやすいです。登山、フィッシング、ゴルフ、キャンプ、ダイビング婚活などもあります。

5

相手の本質を知るために話を聞く

婚活では自分を知って、相手を知ることから始まります。特に自分が相手を知ろうとする行為は重要です。人は「自分の興味がある人に興味が湧く」ため、なるべく相づちや目線で「聞いている」サインを出しましょう。

何度も質問をしながら、自然と相手から会話を引き出して、相手のことを知るようにします。

初対面の挨拶でも男女問わず、愛嬌や笑顔で好印象を与え、相手が話しやすい環境を整えます。人は外見ではなく内面ですので、そこをうまく引き出して、理想の異性を見つける確率を上げていきます。

6

共働きと家事分担をアピールする

2010年の平均年収は20代に限り、女性が男性の平均年収を初めて上回りました。すでに日本では共働き世帯は過半数に達しています。

男性は女性に家事を押し付けようとせず、掃除、洗濯、料理などの自立性を、女性は男性に仕事を任せるのではなく、共働きによる収入アップをアピールしてみましょう。

日本経済は今後も不安定になる可能性が高いです。その中でお互いに「仕事と家事の両方できる」が伝われば、安心感から好印象を与えます。裏を返せば「1人で生きていく=リスクが高い」ということです。

特に女性は「異性に愛されたい」や「大切にしてほしい」と思いがちですが、結婚とは相思相愛であり、お互いを高めあえる存在だったりもします。

決して異性に寄りかかろうとせず、パートナーシップを築く意識を持てば、男女問わず異性に好感が持てます。「相手の負担にはならず、むしろプラスばかりである」ことを念頭に置きます。逆に「年収いくらですか?」や「料理は作れますか?」という質問は望ましくありません。

7

自分の将来に不安を感じていることを隠す

今の日本は会社や職業にもよりますが、男女差別はある程度は是正されていると言えます。女性だけが活躍できる職場も増えてきました。

しかし、性別に関係なく平均年収は下がり続け、デフレによる不況から全く抜けだせません。日本全体の将来に不透明感が漂っています。

そのため「自分の将来に不安を感じている」や「自分のやりたいことが見えない」人が増えましたが、この状態は異性には魅力的に映りません。婚活で異性と接するときは、不安を隠して明るさや元気さを前面に出しましょう。

8

結婚が素敵なことだと再認識する

女性が経済的に自立できるようになってから晩婚化が進みました。結婚しなくても生活ができるわけです。独身は普段は誰にも気を遣わず、オフでは友達と遊ぶことで楽しく暮らせます。

しかし、それも20代、30~40代あたりまでです。30~40代になると、周囲に子どもがいる人が増えて、以前の仲間と疎遠になる確率が上がります。

そこで子どもがいない人たちとの新しい交流ができるでしょう。「居酒屋でよく出会うから飲み友達」になったでも構いませんが、できたら共通の趣味があったほうが長く続きます。

ただ、50代になると、1人暮らしそのものが維持できない人が増えます。日本では終身雇用がすでに崩壊しているために、同じ会社に40~50年勤めることは不可能となりました。パートナーがいないと助け合えません。

さらに60代になると、親、兄弟、姉妹、親戚が周囲からいなくなります。夫や妻、子どもがいれば一緒に出かけることや世話もしてもらえますが、生涯独身ではできません。ここから本当の孤独が20~30年続くわけです。

短期的には独身でも構いませんが、長期的には結婚したほうが幸せです。ある調査データによると、「結婚のメリット」について「愛し合える家族がいるので幸せ、病気や困ったときに助け合える、将来設計が楽しくなる」といった回答が目立ちました。

婚活では自分を磨きながら出会いを増やす

学生時代よりも社会人のほうがモテる

今までの「学生時代にモテなかった」や「失恋ばかりでツラい」といった過去は、婚活には関係ありません。今は「これから成婚するために何ができるか」が重要です。

よく「いろんな人と付き合ってきた人は、逆に結婚が遅くなる」と言われたりもします。人は過去を美化する傾向があり、実際に今まで付き合った人のいいところだけを思い出して、「前の人より年収が低い」や「前の人より優しさが足りない」など、完璧な人を追い求めてしまいます。

過去の経験も大事ですが、現在は自分も成長して、環境も変わっています。現在と過去は違いますので、今後の未来に集中したいです。

例えば「今でも忘れられない人がいる」人も似ています。忘れられないならその人に告白しましょう。恐らく断られるか、断られることがわかっているので告白できません。

結婚という新しい環境を取り込むには、過去はあまり役に立たないです。気持ちを切り替えるためにも、過去から未来へと意識を転化させます。

また、婚活を肯定的に捉えたいです。中には「恋愛から成婚への過程はたくさんあるのに、商品を選ぶように婚活だけに集中するとは信じられない。結婚相手はショッピングではない」という否定的な人もいます。

しかし、婚活とは「自分を磨きながら、出会いを増やす」ことです。特に出会いの数を単純に増やすことで、素敵な異性と接する機会が増えることに間違いはありません。古くからあるお見合いよりも効率的なシステムです。

まずは出会いを増やすために結婚相談所やネット婚活を活用してみましょう。結婚相談所であれば、成婚するためのアドバイスやセミナーが受けられますし、経験豊富な相談員が何度も理想の相手を見つけてくれます。

成婚実績が豊富な大手の結婚相談所

パートナーエージェント
専任コンシェルジュによる1:1の担当制です。最初に丁寧な婚活説明会を実施し、一緒に活動プランを設計します。パーティーやイベントが豊富、大勢が苦手な人にはお見合いもあります。

誠心(SEISHIN)
男性は27~49歳の独身で、職業は医師、弁護士、国家公務員、大手企業、経営者に限定しています。実績は「歯科医、41歳、国立大学卒」と「ネイリスト、38歳、私立大学卒」といった成婚者が並びます。

結婚仲介所

ツヴァイ(ZWEI)
業界で唯一上場している結婚相談所です。NHKや日本テレビでも紹介されました。人柄や価値観で出会えるマッチングサービス、出会いと結婚のコンサルタントとアドバイザー、明確な料金設定が人気です。

オーネット(O-net)
楽天が運営する結婚相談所で、日本最大級の会員数を誇ります。会員数が多いために理想の相手も見つかりやすいです。合コンによる偶然の出会いよりも、成婚したい人が集まる婚活パーティーに参加しましょう。

初心者も安心できる結婚相談所

パートナーエージェント
誠心
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.04.20
更新日更新日 2017.05.14
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
20代向け婚活パーティー - 男女ともに若い年齢が武器になる
20代向け婚活パーティー - 男女ともに若い年齢が武器になる
初心者向け婚活講座 婚活リスト
結婚をする年齢が遅くなる晩婚化が顕著でありながら、その流れに飲まれないように20代のうちに婚活を始める人が目立ってきています。婚活をする人...
婚活は短期集中や一時休憩をしながら進めていく
婚活は短期集中や一時休憩をしながら進めていく
初心者向け婚活講座 婚活で成功するコツ
婚活で結婚相談所を利用することになり、仮に1回目のお見合いで気になる人が現れて、すぐにお付き合いとならなくても、デートを重ねているのであ...
【漫画】第1話「結婚相手に求める条件!ランキング1~10位」
【漫画】第1話「結婚相手に求める条件!ランキング1~10位」
マンガでわかる婚活 婚活マニュアル
結婚相手に求める条件は明治安田生活福祉研究所の統計データを参照しており、総合ランキングの1位~3位は「価値観が合う、優しい、健康である」で...
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
婚活体験談 女性の婚活体験
一昔前の農家は「重労働、汚い、休みがない」というイメージがあり、農家の嫁になりたがる女性は少なかったのですが、最近は農家に対して婚活の状...
中高年向け婚活パーティー - 50代や60代も出会いを求めている
中高年向け婚活パーティー - 50代や60代も出会いを求めている
初心者向け婚活講座 婚活リスト
初婚年齢の高齢化が進んでおり、実際に婚活の現場でも50~60代の参加者が多くいます。熟年離婚なども含めて離婚率が高くなっていることも、中高年...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コンカツノコツ編集部
コンカツノコツ編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
自分磨きや結婚相談所の比較などの婚活を徹底解説。素敵な出会いが少ないために婚活をする人が増えています。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK
マッチ・ドットコム