広告の鵜呑みは禁物!成婚率が100%はあり得ない

派手な広告と宣伝に騙されないようにする

派手な広告と宣伝に騙されないようにする

パチンコ店の「赤字覚悟のお客様還元祭!」と同様に、結婚相談所の広告には具体的な数字がなく、現実的にどちらにでも解釈できる内容があります。

「理想の出会いがあなたを待っています!」
「素敵な結婚相手がきっと見つかる!」
「あなたの条件に合う人が必ずいます!」

仮に数字があったとしても、成婚率は決め手にしない数万人の会員数は不要で紹介した「成婚率80%以上」や「会員数30万人超え」といったキャッチセールスは、嘘ではないですが現実的ではない数字です。

入会を迷っている人に「プラスのイメージを植えつけたい」という意図は明白です。確かにプラスのイメージは企業戦略の1つです。

決して違法ではありませんし、どの企業も自社ブランドの価値を上げるためにタレントを採用して、イメージをお客様に訴えています。結婚相談所は結婚という特性上、イメージは先行しがちであり、それらが重要なステータスにもなるでしょう。

しかしながら、そのイメージだけで結婚相談所を選ぶと自分に合わずに、婚活が失敗する可能性もありますので、資料請求などで比較をして、無駄な情報を排除しながら見極めていく必要があります。

電話やメールでわからない点は聞いてみる

結婚相談所を選ぶことに迷ったら、資料請求をした上で担当者に電話やメールでも構いませんので、疑問点を投げかけてみましょう。

問い合わせする質問は広告には書かれていないことのほうが良いです。例えば「入会しないと条件に合う異性を検索できないとのことですが、検索しても見つからない場合はどうなりますでしょうか?」といった具合です。

そのために相手が見つからない場合は、結婚相談所を利用しても意味がないので、きちんと「入会金の返金」を明示している結婚相談所があります。

しかし「一定期間が経ったのに相手が見つからない場合は、入会金は返金してくれるのか?」と質問をしたにも関わらず、結婚相談所から「数万人のデータがあるため、見つからないことはありません。希望する条件を緩めてみましょう」と回答が来た場合は、入会金が返金されない可能性が高いです。

利用者が得をすることを売りにしていても、実際は厳しい条件をつけて、言い逃れてくるところもあります。このようなトラブルを避けるために、広告には書かれていないことを実際に見抜くようにしたいです。

また、実際に本人のスペックに対して、異性に希望する条件が厳しすぎるケースもよくあります。ある「39歳で年収300万円の女性」が「35歳以下で年収800万円以上の男性」を求めたことがありました。

そういった男性はたくさん登録していても、男性側が女性側のスペックを求めないために、検索結果が「0件」と表示されることもあります。

自分が疑問に思うことは事前に解決しておく

一部の悪質な業者のせいで結婚相談所のイメージの低下が避けられないこともありますが、優良な結婚相談所ではお客様の婚活を心から応援し、結婚するためのお手伝いに全力をあげています。

そのような理想の結婚相談所を選ぶために、自分が疑問に思っていることを自分で解決していくことも賢い婚活の1つです。

就職の面接において「我が社の欠点を指摘してみてください」に似ていますが、結婚相談所のスタッフに「この結婚相談所の欠点は何ですか?」と質問してみることもありです。

どの会社にもメリットとデメリットはあります。改善すべきところがないのであれば、企業は成長しないです。

実際に質問してみると「私どもの結婚相談所を利用しても、成婚できない方が70%以上ほどいらっしゃいます。今後はこの成婚率を上げることが目標です」と答えてくれることもあります。

なかなか企業の内部事情を表にすることはないですが、自分が納得できる誠意のある回答は安心感を得ることができます。

また「あなたがこの結婚相談所で働いている理由は何ですか?」といった質問も相手からしたら面倒なような感じに思えますが、実は有効です。自分の人生を変える結婚のアドバイザーになる人ですから、仕事への真剣な姿勢を知ることができるでしょう。

答えにくい質問でスタッフの対応力を判断

あえて「私でも入会すれば、必ず結婚できますか?また、婚約できるまでの期間はどのくらいですか?」と質問することもありです。そのときのスタッフの対応力を見極めていきましょう。

成婚率が100%はあり得ませんので、特に実測値を明示してくれれば信用に値します。一般的には結婚相談所に新規入会した方の成婚率が30%前後もあれば、質の高い結婚相談所とも言えます。

結婚相談所は出合ってから付き合うまでになったら、一旦利用を休止して、無駄な費用をかけず、少しずつ距離を縮めていくため、結婚相談所に結婚の報告をしない人もいるため、成婚率の信憑性を判断することは難しいですが、参考にはなるでしょう。

入会から婚約までが1年未満の人たちもかなり多いですし、5年間婚活を続けてようやく成婚した人もいるように、婚活は個人差が大きいです。

そのため、結婚相談所は豊富な出会いを提供する場所であり、出会ってから結婚するまでのサポートをしてくれる機関と割り切ることも重要です。

今回、広告に騙されずに結婚相談所を選ぶ方法がわかったところで、次は面倒な勧誘を断る方法を知っておきましょう。続きは結婚相談所の勧誘を断る方法で紹介します。

初心者も安心できる結婚相談所

パートナーエージェント
ツヴァイ(ZWEI)
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.04.17
更新日更新日 2017.03.22

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コンカツノコツ編集部
コンカツノコツ編集部
執筆・編集
自分磨きや結婚相談所の比較などの婚活を徹底解説。素敵な出会いが少ないために婚活をする人が増えています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
結婚相談所の勧誘を断る方法!電話で「結婚しました」と伝える
結婚相談所の勧誘を断る方法!電話で「結婚しました」と伝える
結婚相談所も慈善事業ではないため、勧誘してくることがあります。資料請求や説明を聞きに結婚相談所を訪問し、入会をせずにいるとあとからメール...
数万人の会員数は不要!100名だけでも好みの人は存在する
数万人の会員数は不要!100名だけでも好みの人は存在する
結婚相談所のキャッチコピーに「会員数10万人突破!希望の条件に合う方は平均1,000人を超えています」と書かれていれば、会員数は多ければ多い...
中高年向け婚活パーティー - 50代や60代も出会いを求めている
中高年向け婚活パーティー - 50代や60代も出会いを求めている
初婚年齢の高齢化が進んでおり、実際に婚活の現場でも50~60代の参加者が多くいます。熟年離婚なども含めて離婚率が高くなっていることも、中高年...
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
一昔前の農家は「重労働、汚い、休みがない」というイメージがあり、農家の嫁になりたがる女性は少なかったのですが、最近は農家に対して婚活の状...
モテる男になる5つの条件!衛生的な見た目と紳士的な性格は重要
モテる男になる5つの条件!衛生的な見た目と紳士的な性格は重要
世の中にはモテる男とモテない男が確実に存在します。同じ職場で働き、同じ収入を稼ぎ、同じような生活をしていても、モテるとモテないという大き...