結婚相談所における戦略的なプロフィールの書き方

理想の異性に自分を伝えるプロフィール

理想の異性に自分を伝えるプロフィール

婚活で結婚相談所を利用することが決まったら、結婚相談所のデータにプロフィールを登録して、自己紹介をすることから始まります。ネット上に公開するプロフィールは、お見合いで相手に送る履歴書と同じ役割です。

正直に書くことがもちろんですが、少しでも出会いのチャンスを増やすために、あなたに興味を抱かせるような内容にしたいです。

実際にプロフィールを検索してみたとき、普通のことを書いているとかなり薄っぺらい印象を与えます。少し時間をかけて「個性がわかるような内容、印象に残るコメント、惹きつけるような文章」を工夫しましょう。

結婚相談所の相談員もプロフィールの表現力が豊かな人のほうが、異性にあなたのイメージを伝えやすいために、お見合いをセッティングできる確率が高くなります。

そのプロフィールを書く際は伝えたいことではなく、異性が何を知りたくて検索してくるかを想像しながら、相手の気持ちになって書くようにします。

例えば、住居地に「埼玉県」と書く人と、きちんと「埼玉県」と書きながらも「今は埼玉県ですが、実家は神奈川県で、職場は東京都です。大学は千葉県で1人暮らしをしていました。今後、住む場所は関東であれば、どこでも大丈夫です」と、なるべく細かく書きます。

同じ「埼玉県」でもその人の印象が全く異なりますし、生活のイメージができるためにより親近感があり、実際に「会ってみたい」とも思われます。

男女とも特に相手の生年月日と住んでいる地域は気にします。女性の方は男性の年収、職業、学歴が最も重視する傾向がありますので、事実と全く異なる嘘をかけませんが、なるべくどの項目も丁寧に書いてあげると、周囲と差をつけることができます。

相手の方は理想の条件で検索をかけて、ある程度人数を絞ったあとに、順番にプロフィールを見てくれます。意外と時間が経ってからあなたのプロフィールを見ることもあるでしょう。

そのとき、簡潔すぎては他の人に興味を持っていかれますし、逆に長すぎる文章も退屈になるためにバランスが大切です。

特にコメントには趣味や特技などの自分の好きなことや、資格や技術のような自分ができることを書くようにして、相手に個性を伝えるようにします。

その際はあまり自分のことを「知って欲しいアピール」をしすぎると、相手に自分を押し付けている印象が残りますので、気軽で明るい感じの文脈が好ましいです。

マイナス要素は掲載しても意味がない

例えば、職業欄に「家事手伝い」と書いてある女性のプロフィールを見かけることがあります。受け取り方は人それぞれですが、男性は「家庭に何か事情があるかもしれない、自分のやりたいことがない、自立できていないので負担になる」と、マイナスイメージにつながりやすいです。

そこで職に就いていない人は「フリーランス」や「元IT会社勤務」と掲載したり、もしくは「料理と英語の勉強しています」などと、なるべくプラスの評価を得られるような書き方をします。

さらに相手が職業以外の項目にも十分な興味を持ってもらうために「休日はこのように過ごしています」といった、日常生活が具体的にイメージできるように詳しく書きましょう。

また、写真については「誰かにバレたくない」ということを気にする人が多いですが、それ以外にも「自分の顔に自信がない、見られることが恥ずかしい、顔のせいで申し込みが少ないかも」と不安に感じる人もいます。

ただし、プロフィールは総合的に相手に好印象を与えることが目的です。写真が決め手になるわけではありません。

確かに顔の印象は残りますが、プロフィール全体を見た上で「この人なら会ってみたい」と思わせることが大切ですので、やはり、文章力のほうが大切になってきます。

写真は非掲載にする人もいますが、写真を公開した上で初めてデートにいたったケースのほうが、ギャップが少なくて成婚率は高いことも事実です。大人になると顔の選り好みは若い頃より少なくなりますので、写真は添えることは躊躇しないほうがプラスに働きます。

1つの注意点としては結婚相手を高望みしないことです。プロフィールに結婚相手に対する「相手の男性へは年収700万円以上を希望します」というような無理な要望を書くことは慎みましょう。

プロフィールは自己主張をするためではなく、相手に対して自分という存在を知ってもらうことが目的です。好印象を与えるプロフィールのみを掲載して、異性を好感を持ってもらいましょう。

初心者も安心できる結婚相談所

パートナーエージェント
ツヴァイ(ZWEI)
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.03.24
更新日更新日 2017.03.22

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コンカツノコツ編集部
コンカツノコツ編集部
執筆・編集
自分磨きや結婚相談所の比較などの婚活を徹底解説。素敵な出会いが少ないために婚活をする人が増えています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
お見合いで好印象を持たれる4個のコツ!第一印象を重視しよう
お見合いで好印象を持たれる4個のコツ!第一印象を重視しよう
お見合いは相手の情報を知ることから始まります。一般的に「釣書」と呼ばれている自己紹介を載せた書面、結婚相談所のお見合いではプロフィールと...
お見合いパーティーに参加!気軽に会話ができる雰囲気
お見合いパーティーに参加!気軽に会話ができる雰囲気
お見合いパーティーとは「結婚を前提に交際したい」と希望する男女が集まって、催されるパーティーのことです。現在では婚活のためのお見合いパー...
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
農家や漁師をする男性と付き合うには自治体のイベントを確認
一昔前の農家は「重労働、汚い、休みがない」というイメージがあり、農家の嫁になりたがる女性は少なかったのですが、最近は農家に対して婚活の状...
【漫画】結婚相手に求める条件!ランキング1~10位は?
【漫画】結婚相手に求める条件!ランキング1~10位は?
結婚相手に求める条件は明治安田生活福祉研究所の統計データを参照しており、総合ランキングの1位~3位は「価値観が合う、優しい、健康である」で...
結婚したい男性の職業ランキング!女性に人気がある仕事とは?
結婚したい男性の職業ランキング!女性に人気がある仕事とは?
女性が選ぶ「結婚したい男性の職業」の投票結果をランキングでまとめています。2012~2015年で6,000票以上の投票ありがとうございました。引き...