婚活に潜む3個のデメリット!コストはあらかじめ算出したい

結婚相談所は高額の費用がかかる

結婚相談所は高額の費用がかかる

素敵な出会いが期待できる婚活ですが、実は婚活には以下の3個のデメリットが潜んでいます。婚活を始める前にこれらのデメリットを把握して、それぞれの対処法を理解しておきましょう。

  1. 結婚相談所は20万~60万円に加え、数万円のコストがかかります。
  2. 婚活での出会いに運命やときめきを感じない人もいます。
  3. 出会いの多さから目が肥えて、異性への条件が厳しくなりがちです。

自然な出会いから結婚するチャンスが少なくなった現在、理想の異性に出会うために婚活をする方々を頻繁に見かけるようになりました。

ただ、婚活は結婚ができる可能性が高くなるだけではなく、意外と損をすることもあるため、そのデメリットを認識しておきたいです。

例えば、婚活で結婚相談所を利用する場合は、条件にピッタリ合う結婚相手が見つかるまで、数カ月以上をかけて何度も相談員にお願いすることがあるかもしれません。これはコスト面が大きな負担となることがあります。

結婚相談所への初回入会金は10万~20万円が相場で、こちらには細かい条件を登録したり、理想の異性とのマッチングを行うためにかかる費用が含まれているので、節約することはできません。

月会費も平均で1万~3万円程度はかかるため、長期間続けるのであれば、30万円以上は用意しておきたいです。

婚活でいろんな異性と出会うこと自体を楽しむであれば、話は別ですが、婚活する上ではできる限り、結婚相談所とは短い付き合いにしたいです。

結婚相談所にとっては長期で登録してくれたほうが利益が出ることは事実ですので、親身になって結婚相手を探してくれたり、あえて成婚料を設けている結婚相談所でないと、信用もできません。

結婚相談所での婚活を成功させるために成婚率は決め手にしないから7回にわたって解説していますので、そこで一旦、結婚相談所の選び方と利用法を知っておきましょう。

結婚相談所への登録は高い買い物ですが、婚活のために結婚相談所に登録することは一般的であり、自分の将来への投資と考える方も多いです。

また、パートナーエージェントオーネット(O-net)などの結婚相談所の資料請求にて婚活のやり方を学んでから、無料体験や説明会に参加して、徐々に婚活慣れしていくことも正しいです。

費用を抑えることも含め、手始めにお見合いパーティーカップリングパーティーのみに参加するのも1つの選択と言えます。

婚活の出会いを運命的に思えない

結婚相談所が主催するパーティーやイベント、共通の友人からの紹介、知り合いとの合コン、お見合いなど、すべてに共通する欠点としては「運命を感じさせるようなときめく体験に欠ける」ことです。

一瞬で恋に落ちたり、気付いたら好きになっていたりして、そのまま恋愛につながり、恋人関係になるといった一種の憧れとは相反します。このように婚活をネガティブに捉えることはできるでしょう。

しかし、それは普段からの出会いの総数が少ないから運命と感じるだけかもしれません。婚活でも自分の好みのタイプ、気になる異性や理想の相手と出会うことができれば、それも同じように運命に感じます。

もっと想像してみると、結婚相談所やお見合いでもときめいてしまえば、それはご縁があったということで運命です。積極的に行動したために成果が得られることは、決して悪いことではないはずでしょう。

また、婚活をしていることが他の人に知られてしまうと「もてない」や「焦っている」と思われることが嫌に感じるかもしれませんが、消極的でいつまでも運命を待ち続けているほうが非常に時間がもったいないです。

いずれ結婚したいのであれば、今から出会っておいても損はありません。自然な恋愛から結婚することを願うよりも、最近では自分磨きを含めて婚活をする人が増えています。

意図的な恋愛は「運命的な出会いではない」と判断しがちですが、少し考えた方を変えるだけで素敵な運命を引き寄せることは可能です。

目的が明確にしてから婚活を始める

友人の紹介だけを婚活の中心にすると、段々と断りにくくなるという欠点が出てきます。本人に断ることは簡単だとしても、友人に「迷惑をかけた」と思ってしまいやすいです。

合コンだけを婚活の中心にすると、合コンは決して結婚を真剣に考えている人たちばかりが集まる場所ではないので、仮に付き合うことができてもそれが結婚に繋がる確率は高くありません。合コンの質にも寄りますが、知人の主催ですと結婚相手を見つけるのは容易ではないでしょう。

さらに合コンの回数が増えてしまうと、変に場慣れしてしまうために「この人は遊び慣れてるかも」という印象を持たれてしまうこともあります。

次にお見合いだけを婚活の中心にすると、合コンなどよりも費用が必要となりますし、紹介者への面目も保つ気配りも欠かせません。

お見合いはわりとスペックの高い人を紹介してもらえるため、何度もお見合いをしている方の中には選り好みをしすぎて、相手の欠点を探すようになることもあります。

結婚相談所だけを婚活の中心にすると、やはり費用がかかります。そのときは一括払いできる余裕があったり、クレジットカードやローンを検討することも必要です。金額は20万~30万円ですが、パーティーなどに参加すると、参加費に加えて、ドレスやメイクなども欠かせません。

結婚を前提にふさわしい相手を探す婚活ですが、自分磨き以外の婚活で長引いた場合は「もっと素敵な人がいるのでは?」と条件が厳しくなり、結婚しにくくなるケースも見られます。

そのため「婚活を行なう前にどんな条件を相手に求めるのか?」や「何を望んで結婚しようと考えているのか?」を明確にしておき、しっかりと気持ちを定めてから婚活を行なうほうが失敗は少なくて済みます。

また、婚活は「自分の条件に合う人を見つけやすい」というメリットがありますが、理想だけを求めていてはいざ結婚にまで話が進んでも長く続かない場合もあります。現実的に生活を共にするということを真剣に考えて、婚活を行なっていくようにしましょう。

初心者も安心できる結婚相談所

パートナーエージェント
ツヴァイ(ZWEI)
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.03.21
更新日更新日 2016.04.20

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コンカツノコツ編集部
コンカツノコツ編集部
執筆・編集
自分磨きや結婚相談所の比較などの婚活を徹底解説。素敵な出会いが少ないために婚活をする人が増えています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
婚活から結婚までの流れ!出会いを増やすための結婚相談所
婚活から結婚までの流れ!出会いを増やすための結婚相談所
少し前までは社内結婚というカップルも多かったのですが、縁がなく破局となってしまった場合、同じ職場で働くのが苦痛となり、どちらかが退職し...
婚活のメリット!出会いの数を増やしながら自分も成長できる
婚活のメリット!出会いの数を増やしながら自分も成長できる
独身者でも婚活中であることを隠さない人も出てきました。婚活を行なう人の数は年々増え続けており、現在では「パートナーが長期間いない人が、結...
20代向け婚活パーティー - 男女ともに若い年齢が武器になる
20代向け婚活パーティー - 男女ともに若い年齢が武器になる
結婚をする年齢が遅くなる晩婚化が顕著でありながら、その流れに飲まれないように20代のうちに婚活を始める人が目立ってきています。婚活をする人...
中高年向け婚活パーティー - 50代や60代も出会いを求めている
中高年向け婚活パーティー - 50代や60代も出会いを求めている
初婚年齢の高齢化が進んでおり、実際に婚活の現場でも50~60代の参加者が多くいます。熟年離婚なども含めて離婚率が高くなっていることも、中高年...
【漫画】婚活とは?自分磨きと出会いを増やす結婚活動
【漫画】婚活とは?自分磨きと出会いを増やす結婚活動
婚活とは「結婚することを望んでいる人が、意識的に自分から進んで結婚に繋がる活動を行なう」ことを意味します。山田昌弘氏の著書「婚活時代」で...