私たちが選んだ結婚相談所!資料請求と説明会で比較

婚活は出会いが増えることが前提

婚活は出会いが増えることが前提

私の職場は小規模であり、仕事で関わる人数も限られています。友人らの職場は比較的に大きな企業ですが、理想の異性が必ずいるわけではなく、実際に仕事で関わる人数は少ないです。

やはり、出会いの数が少なければ、結婚のチャンスも減ります。このように結婚しにくい人たちは、職場環境の影響を受けていることが多く、このままでは出会いの数が少ないことが結婚に不利に働きます。

出会いが少ない人たちにとっては、友人や知人の紹介が有効ですが、現在では成婚する確率が低い合コンには参加する傾向は増えていても、親戚や地域からのお見合い話の数は減少しています。

社会的な背景も出会いと結婚のチャンスを減らしています。女性の積極的な社会進出は大変素晴らしいことですが、1人で生活できる女性の独身主義者が増えてしまい、晩婚化が進んだ要因にもなりました。

世間では「結婚をしなくてもいい」という価値観も広がり、恋愛がそのまま結婚に繋がる割合も減っていきました。そうなると、お付き合いしているパートナーがいても、年収、年齢、外見などで相手に求める条件が厳しくなっていき、結婚へのハードルが上がってしまいます。

また、対人関係における積極性も希薄になりました。子どもの頃から家で遊ぶ機会が多く、ゲームやネットの普及から閉塞的な空間に中で満足しがちになります。20歳代では海外に何度も旅行に行く人が極端に減っている現象も確認できました。

不景気の煽りを受け、経済的な格差は広がり、非正社員の割合は上昇し、結婚する自信がない方もいます。このようなことから特に異性に対してのコミュニケーション能力が低い人たちも増えていきました。

積極的に結婚しようしなければ、いつまでも独身でいる未来が確定してしまうでしょう。理想的な異性と出会うチャンスが少なくなっているのであれば、婚活で今の状況を改善することは自然な流れと言えます。

結婚相談所やネット婚活がベスト

積極的に結婚活動をすることを「婚活」と呼びますが、婚活は就職活動を模して作られた言葉です。

就活は理想の企業に就職をするために「就職サイトに登録する、企業の情報を集める、就職セミナーに通う、知識や技術を高める、資格を取得する、自分を磨く、履歴書をしっかり書く、リクルートスーツを用意する、何度も足で企業を回る」ことをします。

婚活も理想の条件に合う異性と結婚するために「コミュニケーション能力を磨く、服装や身だしなみを整える、エステやジムで体を美しくする、資格や技術を取って仕事を充実させる、料理教室に通う」などの努力が必要です。

その上で合コンよりも友人や知人の紹介、お見合いに参加したり、さらに結婚相談所やネット婚活に登録し、質の高い出会いを増やします。

就活でハローワークや転職エージェントなどがサポートしてくれることと同様に、婚活も結婚相談所で数万人の中から理想の条件に合う異性を探して、アドバイザーのサポートを受けながら、セミナーで婚活の知識をアップしたり、カウンセリングを受けることが大切です。

婚活で結婚相談所を活用することで、複数人の好みの異性に出会い、パーティーやイベントで距離を縮めて、積極的に交際をしていくことができます。

婚活する期間を1年間と決めてみる

婚活してから成婚を決めるまでは約6~9カ月の方が多いのですが、1~2年以上も婚活し続ける方もいます。逆に結婚相談所に登録して、すぐに結婚相手を決めることが「もったいない」と思っている方もいるため、まずは自分なりに「1年間を婚活期間」と決めてみました。

例えば、オーネット(O-net)で婚活した場合、初回入会金が114,480円、月会費「14,040円×12カ月=168,480円」で合計282,960円です。

ただ、多くの結婚相談所では交際が決まれば、一時休止することができますので、オーネット(O-net)の場合もきっかり1年分が必要になるわけではありません。婚活が3カ月間で済めば、残りの9カ月間の費用は不要になり、月会費は「14,040円×3カ月=42,120円」で収まります。

それぞれの結婚相談所には各コースがありますが、同様に1年分で算出していくと、パートナーエージェントは396,360円、ツヴァイ(ZWEI)は183,600円ほどかかります。

総合的に結婚相談所の費用は高く感じてしまいますが、個人情報から性格分析システムまで婚活に必要なデータを登録し、マッチングするために理想の異性の条件も登録しなければいけません。

個人情報を徹底管理しながら「独身証明書、源泉徴収票、雇用契約書、卒業証明書」で入会制限も行っていますし、相談員はマンツーマンで会員のデータを把握し、理想の相手との紹介、セッティングの準備をし始め、全面的に婚活をサポートする体制を整えています。

この中で仮に「パートナーエージェントが少し高い」ように思えても、そこには違いがあります。データマッチングだけでは探すことが難しい、細かい条件の相手をコンシェルジュが見つけてくれたり、気になる異性へのアピールなどもサポートしてくれます。

結婚は就職よりも重要な人生最大のターニングポイントとも判断できますので、積極的な婚活を考えると「妥当な価格」とも言えます。

自分に合う結婚相談所を選ぶ

ネット上の情報は充実していますが、資料請求でより綿密に比較することにしました。高いお金を支払いますし、結婚には少し慎重になっていて、やはり「真剣な婚活をしたい」と思ったからです。

資料請求をしてみると「成婚者の体験談が豊富である、具体的なサービス内容が知れる、無料の婚活説明会への参加ができる」などが役に立ちました。

資料請求する際には恋愛傾向診断結婚チャンステスト婚活結婚診断テストなどの無料で婚活に関するテストができる結婚相談所もあります。

このように資料請求に加え、コールセンターの対応、ネット上の評判、結婚相談所で働いている知人の情報も判断材料にしていきました。

その結果、私はオーネット(O-net)を選び、実際に説明会に参加してから入会を決めました。個人的には相談員の対応も良かったですし、楽天グループの安心さと過去の実績が決め手になっています。

一方、友人の2人は31歳の女性のほうがコンシェルジュに定評があり、ボーリングからクッキング婚活などのイベントが豊富なパートナーエージェントを選んでいます。

もう1人の35歳の男性は、官公庁や商社も利用するほどの相談員の質の高さと、イオングループで上場もしているツヴァイ(ZWEI)で婚活中です。

広告やタレントだけで結婚相談所のイメージを膨らますことなく、実際に相談員の話を聞きに行ったり、友人や知人、体験者の評判を参考にして、自分との相性を判断することも、積極的な婚活の1つと言えます。

初心者も安心できる結婚相談所

パートナーエージェント
ツヴァイ(ZWEI)
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.03.19
更新日更新日 2017.09.14

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コンカツノコツ編集部
コンカツノコツ編集部
執筆・編集
自分磨きや結婚相談所の比較などの婚活を徹底解説。素敵な出会いが少ないために婚活をする人が増えています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
結婚相談所の費用で比較!相場は20万~60万円と差が激しい
結婚相談所の費用で比較!相場は20万~60万円と差が激しい
結婚相談所で婚活する際の費用は「初回入会金、月会費、成婚料」の3点が必要です。初回入会金に7万~22万円、月会費は1万~3万円、成婚料は0~21...
運営会社の信用度で比較!成長している企業に期待
運営会社の信用度で比較!成長している企業に期待
現在は売買契約においてクーリングオフと中途解約の問題が、消費者に広く認知されていますし、特定商取引法で結婚相談所に限らず、英会話教室やエ...
【漫画】晩婚化が起きる原因!毎年0.1~0.3歳ずつ遅れていく
【漫画】晩婚化が起きる原因!毎年0.1~0.3歳ずつ遅れていく
欧米を始めとした先進国では晩婚化の傾向にあります。日本人も初めて結婚する平均年齢が2015年時点で男性が31.1歳、女性が29.4歳に達しました。2...
モテる男になる5つの条件!衛生的な見た目と紳士的な性格は重要
モテる男になる5つの条件!衛生的な見た目と紳士的な性格は重要
世の中にはモテる男とモテない男が確実に存在します。同じ職場で働き、同じ収入を稼ぎ、同じような生活をしていても、モテるとモテないという大き...
結婚したい男性の職業ランキング!女性に人気がある仕事とは?
結婚したい男性の職業ランキング!女性に人気がある仕事とは?
女性が選ぶ「結婚したい男性の職業」の投票結果をランキングでまとめています。2012~2015年で6,000票以上の投票ありがとうございました。引き...